みのお伝説!鳴りやまない拍手のもと…!

アクセスカウンタ

zoom RSS 記念シンポジウム…

<<   作成日時 : 2008/11/04 22:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

記念シンポジウム…
たくさんのご来場、
本当にありがとうございました!


写真で贈る「おかげさまで20周年祭」

画像


タキオくんです!
ご来場いただけなかった方々のためにも
昨日の記念シンポジウムの模様を
写真で綴り、ご案内してまいります!



では、早速スタートしましょう!
開場時は、箕面市少年少女合唱団
箕面市少年少女リコーダー合奏団の演奏で
皆様をお迎えいたしました。
箕面市少年少女合唱団のみなさんには、
「みのおキッズシアター」や
「ヴィソラ・スペシャルプレゼント」、
昨年からスタートした「クリスマス・ロビーコンサート」にと
いつも事業にご協力いただき、感謝いたしております。
画像


画像



ロビーでは、箕面市茶華道文化連盟様の野点により
ご来場の皆様にくつろいでいただきました。
茶華道文化連盟様、本当に長丁場の時間を
ありがとうございました。
画像

(写真が暗く写ってしまい申し訳ございません)


ご来場の方々は、
箕面市文化振興事業団と同じ、府下の第3セクターの方々もご来場、
遠くは貝塚市、河内長野市からも駆けつけてくださいました。
近隣では、池田市、吹田市、高槻市からも…
また、箕面市議会の皆様をはじめ、
箕面市役所では、日ごろお仕事でお世話いただいてる方や、
たくさんの行政関係者のみなさんもお越しくださいました。
開場前、少し雨が降ったりもして、心配しましたが、
それでも、事業団の20年間を見守ってくださった
箕面商工会議所や箕面青年会議所といった皆様をはじめ、
多くの文化団体、アーティスト、個人の方々も
ご来場くださいました。
そして、読売新聞の記者さん取材ありがとうございました。
画像



開会のナレーション、
箕面市在住のフリーアナウンサー
吉岡邑玲さんが幕開けを宣言をし、
引き続き、たくさんの方々より寄せられたました
ビデオレターをご覧いただきました。
画像

(吉岡さん、写真が暗くなってしまいて申し訳ございません)
(ここには掲載できませんでしたが、
 ビデオレターでは、団体、個人合わせて計45件、
 3時間に及ぶ収録となりました。
 せっかくご協力をいただいた方々には
 本当に申し訳なかったのですが、
 断腸の思いでの15分にまとめる作業となりました。
 また、このことから予定外のこととして
 2時間にまとめた「ビデオレター総集編」を作成し
 ビデオレターにご出演いただき
 シンポジウムに来られた方々にはお渡しし、
 当日来れなかった方々には、
 追って郵送することにいたしました。
 ここに、ご協力の御礼を申し上げます。)
 

そして、オープニングは文化振興事業団の小枝正幸理事長から
設立から今日までの御礼と
これからの箕面市における文化事業について
さらに責任を全うしていきたい旨、
決意も新たに力強いご挨拶となりました。
画像

画像



倉田哲郎箕面市長からも、ご挨拶をいただきました。
ご自身が、得意とする水泳以外に
ベースギターなどの趣味があったことなど
身近なお話をいただき親近感の持てる
スピーチでした。
さらに、事業団に対して文化における面では、
逆に行政をリードしてほしいなど
事業団に期待をしてくださっててる旨、
貴重なお話もしてくださいました。
画像



お忙しい中、箕面市議会議長牧野芳治様からも
事業団を労ってくださるありがたい御祝辞を
ご披露くださいました。
画像



いよいよ、
シンポジウムT部のスタートとなりました。
今回、ご来場の皆さんには
いま公立ホールのことなら草分け的な存在の
このお二人の組み合わせにも
ご関心いただけたのではないでしょうか。
コーディネーターは、中川幾郎先生
草加叔也先生のお二人でした。
ご来場の皆様にとって本当に難しい内容を
終始わかりやすく工夫を凝らした解説で
進行してくださいました。
画像

画像



こちらの五人のパネリスト方々も、
ご来場の皆さんの気持ちになって
代弁するかのように、
貴重なおはなしをしてくださいました。
経験からくる内容の深いお話しを
ユニークでスッキリとしたトークで話され
まさに、会場は「トークライブ」となりました。
末成由美さん桂ざこば師匠
関純子さん守田麻喜子さん
そして、倉田哲郎箕面市長様へと
それぞれの持ち味を感じることができたT部となりました。
画像



T部とU部の休憩は、約20分。
少し、神経を使った頭を休めていただくために
アンサンブルアルモニのみなさんによる
クラシック演奏を聞いていただきながら
野点で抹茶や喫茶るうぷさんご出店のコーヒーなどで
U部の開始までをお待ちいただきました。
画像




さて、シンポジウム後半U部のスタートです。
T部と少し壇上の様子が変わりました。
そうです、T部の話しから、コーディネーターの席の方に
倉田市長が入られました。
特に、文化ホールの使命や役割ついての
話しとなりました。
近隣でも、最近は各自治体において
「文化振興ビジョン」となる条例を制定されたりと、
いわゆる、各地域における「特色」や「らしさ」などについて、
と「文化の力」についても話しが広がりました。
「34歳の日誌−箕面市長 倉田哲郎blog」でも、
更新いただきましたので一度ご覧ください。
U部からは、特に倉田市長がコーディネーターの方に
席を変わられたこともあって、その左右(下手、上手)好対照が
会場をさらに盛り上げることとなりました。
画像

画像

画像
画像



そして、U部も無事終わり、帰路に着くご来場の方々に
箕面市青少年吹奏楽団が送り出し演奏のため
万博会場から急いで戻ってきてくれました。
画像



懇親会の様子もどうぞ!
無事に「おかげさまで20周年祭」を終え、最後の締めくくりとして
事業団が感謝を込め懇親会を開かせていただきました。
本来なら、シンポジウムに来ていただいた方、
全員にご参加いただきたかったのですが、
ロビーということもあって少し狭く、
ご参加いただけませんでした。
本当に申し訳なかったです。
(シンポジウム 入場者−約400人)
(懇親会 参加者−約100人)
では、今日のオマケとして、
最後にその懇親会の模様もご覧ください。


ニュージーランド ハット市からオグデン市長
箕面市、倉田市長をはじめ、
事業団にも熱いメッセージをくださいました。
画像


事業団の「市民協働」メインとなる事業
『箕面芸術祭』組織委員会会長池田正さん
組織委員会を代表してお祝いのメッセージをくださいました。
画像


箕面市健康福祉部からの受託事業として
「箕面市高齢者教養大学」のボランティア代表として、
事業団評議員の末光昭夫さんからもメッセージを頂戴しました。
画像


箕面文化団体連絡会からは
「みのお子ども文化体験フェア」実行委員会を代表して、
箕面市美術協会会長安井成宣さんからもメッセージをいただきました。
画像


シンポジウムでも、話題として取り上げていただいた
「みのおキッズシアターwith末成由美」からは、
シンポジウム出演の末成由美さんに対して
元保護者会からもボランティアで受付や場内整備にと
応援に駆けつけてくださいました。
さらに懇親会にも出席くださり、長い一日をもろともせず
末成由美さんとともに熱いメッセージをくださいました。
画像


コーディネーターの中川幾郎先生草加叔也先生ともに
最後の最後までお付き合いいただき、
本当にありがとうございました。
そして、新たにスタートしようとする事業団を
これからもよろしくお願い申し上げます。
画像

画像

(草加先生、写真が少しボケてしまって申し訳ないです。)


そして、最後まで懇親会にいただいた方、
全員そろっての集合写真で
今日一日の予定が無事終了となりました。
本当に、皆様ありがとうございました。
ある意味、これからの新しい文化の領域を
創り進んでいくために
箕面市文化振興事業団をよろしくお願い申し上げます。
画像



最後となりますが、
このたびのシンポジウムをはじめ、
共同研究事業のまとめや
3月14,15日に開催される
演劇『箕面山大瀧萌ゆる』の開催報告など、
(財)箕面市文化振興事業団20年のあゆみを盛り込みまして
平成21年度から記念誌の作成に取り掛かり、
完成のあかつきには、
記念シンポジウムにご来場いただいた皆様にはもちろん、
関係者ならびに関係機関へ
送付させていただく予定をいたししております。



いやぁ〜、とにかく無事に終わってよかったッスね〜!
そして、有意義な一日でしたよ〜。

皆さん、ホントに喜んで帰ってくれはりましたし、
大きな事故も無く、めでたし、目出度しと…

ほな、また次からは『役者さん紹介シリーズ』など
豊富な話題でお届けいたしますよって
皆さんよろしくデ〜ス


本日は、これまで!(ふぅ〜っ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
文化振興事業団設立20周年記念シンポジウム
昨日は、箕面市と国際協力都市提携を締結しているニュージーランドのハット市からオグデン市長をはじめとする使節団が訪れました。 ニュージーランドは赤道を挟んで日本と反対側にある国。面積や風土など日本との類似性も多く、映画「ラストサムライ(The Last Samurai)」の.. ...続きを見る
34歳の日誌 - 箕面市長 倉田哲郎bl...
2008/11/06 11:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

タキオくんリンク集T

記念シンポジウム… みのお伝説!鳴りやまない拍手のもと…!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる